検索項目とアイコンの説明

製品ステータス

開発中 開発中の製品です。サンプル対応可否、量産時期についてはお問い合わせください。
生産中 量産、販売中の製品です。
生産中止予定 生産中止予定の製品であり、最終受注期限及び最終生産時期が表示されている場合があります。
最終受注期限までに、必要数量の連絡をお願いします。
生産中止 生産を中止しており、ご注文を受け付けていない製品です。
New 新製品です。価格や納期等については、お問い合わせください。
推奨 サイズや性能面などの理由で、当社が特におすすめしている製品です。価格や納期等については、お問い合わせください。
新規設計 非推奨 新モデルへの部品採用を控えていただきたい製品です。
(Not Recommended for New Design)

このページの先頭に戻る

用途

一般用 一般用 一般民生機器をはじめとする、特別な信頼性を必要としない用途に使用する製品です。
インフォテインメント インフォテインメント 自動車用インフォテインメント
カーナビ/カーオーディオなどのエンターテイメント機器やワイパー、パワーウィンドウなどのボディコントロール系機器等に使用する製品です。
パワートレイン パワートレイン 自動車用パワートレイン/セーフティ
自動車用機器等で、特に人命にかかわるような用途 (走る、曲がる、止まる、安全機器) に使用する製品です。
自動車用と一般機器用の用途の違い
医療機器 医療機器 インプラント医療機器向け医療グレード品
心臓ペースメーカーや人工内耳、インシュリンポンプ、胃刺激装置など、インプラント医療機器に使用する製品です。ノンライフサポート回路*1に適しています。

*1ノンライフサポート回路・・・インプラント医療機器において生命維持に直結しない回路であり、故障により機器の機能が低下・停止した場合においても、人命に直結しない回路。

このページの先頭に戻る

最高使用温度

150℃ 150℃max. 上限150℃まで使用可能
※その他のバリエーションがあります。

このページの先頭に戻る

規格/メリット

AEC-Q200 AEC-Q200 AEC-Q200対応品
安全規格 安全規格

安全規格認定品
安全規格IEC60384-14の認定を取得した製品です。
安全規格認定書

電安法準拠 電安法準拠 電気用品安全法準拠品
日本国内の電気用品安全法に準拠した製品です。
HIQ HIQ 高周波向け低損失
セラミック材料、電極材料を工夫することでVHF、UHF、マイクロ波以上の周波数帯での低損失を実現しています。
低ESL 低ESL 低インダクタンス
高周波側でのコンデンサの持つ寄生インダクタンス成分 (ESL)が小さくなるよう設計されたコンデンサです。
鳴き対策 鳴き対策 鳴き対策に適した製品・低歪品
セラミックコンデンサを用いた場合に生じるコンデンサの鳴きに対して、材料、構造を工夫することで鳴きを抑制した製品です。
フェールセーフ フェールセーフ フェールセーフ品
ショートモードでの故障をできるだけ回避するよう設計されたコンデンサです。
たわみラック たわみラック たわみクラック対策品
基板たわみ時のクラックによるショートモードでの故障をできるだけ回避するよう設計されたコンデンサです。
はんだクラック はんだクラック はんだクラック抑制品
チップに金属端子およびリードを接続したコンデンサです。金属端子およびリードがはんだの膨張収縮のストレスを緩和することで、はんだクラックを抑制します。
DCバイアス依存無し DCバイアス依存無し DCバイアス依存無し
高分子コンデンサは誘電体に酸化アルミニウムを用いているので、DC電圧を印加しても静電容量の変化がありません。
撥水 撥水 コンデンサ表面の撥水性により、結露によるイオンマイグレーションを抑制した製品です。
ノイズ対策に適した製品 ノイズ対策に適した製品 ノイズ対策に適した低インダクタンス品です。ESLが極めて低く、高周波を含むノイズ対策に適しています。
EMIフィルタとしてノイズ対策に貢献

このページの先頭に戻る

実装方法

リフロー リフロー リフローはんだ付け対応品
フロー フロー フローはんだ付け対応品
導電性接着剤専用品 導電性接着剤専用品 導電性接着剤専用品
外部電極が銀パラジウムであるため導電性接着剤実装が可能です。
ボンディング ボンディング ボンディング対応品
外部電極が金であるためダイボンド/ワイヤボンディング実装が可能です。
溶接 溶接 溶接対応品
リード電極を持ち、溶接実装にも対応します。リード線材料についてはお問い合わせください。

このページの先頭に戻る

形状

SMD2端子品 SMD2端子品
SMD基板付き SMD基板付き
2端子コンデンサをインターポーザ基板上に実装しています。
本体基板のはんだを直接接触させないため、鳴きが低減します。
SMD金属端子品 SMD金属端子品
2端子コンデンサの外部電極に金属端子を接続しています。
金属端子の弾性作用によりストレスを緩和、コンデンサの振動を吸収します。
SMD多端子品 SMD多端子品
10端子、12端子があります。さらなる低インダクタンスを実現しています。
SMD LW逆転型 SMD LW逆転型
一般的な2端子コンデンサの電極位置 (WT面)ではなく、チップの長手方向 (LT面)に電極が形成されている2端子コンデンサです。
SMD上下電極品 SMD上下電極品
上下電極構造です。電極材料に金を使用しており、ダイボンド/ワイヤボンディング実装が可能です。
SMD3端子コンデンサ SMD3端子コンデンサ
樹脂モールド面実装タイプ品 樹脂モールド面実装タイプ品
IEC60384-14 X1/Y1クラス認定取得品です。
SMD高分子コンデンサ SMD高分子コンデンサ
積層型の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサです。(セラミックコンデンサではありません。)
リード電極品 リード電極品
モールド品 モールド品
コンデンサを特殊樹脂でモールドしています。耐電圧、絶縁抵抗が高いです。

このページの先頭に戻る

温度特性

*1 1/2定格電圧印加時保証あり
*2 定格電圧 100Vdc以下: 25 ~ 85℃
*3 1/2定格電圧印加時における静電容量変化率範囲 (詳細スペックシート参照)

種類 温度特性記号 温度特性 各温度における静電容量変化率 (%)
公規格 公規格記号 コード 基準温度 温度範囲 静電容量変化率
または温度係数
-55℃ -25℃ -10℃
最高値 最低値 最高値 最低値 最高値 最低値
温度補償用 JIS CG 1C 20℃ 20~125℃ 0±30ppm/℃ 0.54 -0.23 0.33 -0.14 0.22 -0.09
CH 2C 20℃ 20~125℃ 0±60ppm/℃ 0.82 -0.45 0.49 -0.27 0.33 -0.18
CJ 3C 20℃ 20~125℃ 0±120ppm/℃ 1.37 -0.9 0.82 -0.54 0.55 -0.36
CK 4C 20℃ 20~125℃ 0±250ppm/℃ 2.56 -1.88 1.54 -1.13 1.02 -0.75
UJ 3U 20℃ 20~85℃ -750±120ppm/℃ - - 4.94 2.84 3.29 1.89
SL 1X 20℃ 20~85℃ +350~-1000ppm/℃ - - - - - -
弊社温度
特性記号
CHA 0C 20℃ 20~150℃ 0±60ppm/℃ 0.82 -0.45 0.49 -0.27 0.33 -0.18
ZLM 9E 20℃ -55~-40℃ -4700+1000/-2500ppm/℃ - - - - - -
-40~20℃ -5350±750ppm/℃
20~85℃ -4700±500ppm/℃
85~125℃ -4700+2000/-1000ppm/℃
EIA C0G 5C 25℃ 25~125℃ 0±30ppm/℃ 0.58 -0.24 0.4 -0.17 0.25 -0.11
U2J 7U 25℃ 25~125℃ *2 -750±120ppm/℃ 8.78 5.04 6.04 3.47 3.84 2.21
UNJ 7J 25℃ -55℃~25℃ -750+120/-347ppm/℃ - - - - - -
25℃~125℃ -750±120ppm/℃
125℃~200℃ -750+347/-120ppm/℃
弊社温度
特性記号
CCG 7G 25℃ -55~25℃ 0+30/-72ppm/℃ - - - - - -
25~125℃ 0±30ppm/℃
125~200℃ 0+72/-30ppm/℃
X8G 5G 25℃ 25~150℃ 0±30ppm/℃ 0.58 -0.24 0.4 -0.17 0.25 -0.11
高誘電率系 JIS B*1 B1 20℃ -25~85℃ ±10% - - - - - -
B B3 20℃ -25~85℃ ±10% - - - - - -
E E3 20℃ -25~85℃ +20, -55% - - - - - -
R*1 R1 20℃ -55~125℃ ±15% - - - - - -
R*1 R8 20℃ -25~85℃ ±15% - - - - - -
弊社温度
特性記号
JA J1 20℃ -25~105℃ -20%以下 - - - - - -
EIA X5R R6 25℃ -55~85℃ ±15% - - - - - -
X5S C6 25℃ -55~85℃ ±22% - - - - - -
Z5V F4 25℃ 10~85℃ +22, -82% - - - - - -
X6S C8 25℃ -55~105℃ ±22% - - - - - -
X6T D8 25℃ -55~105℃ +22, -33% - - - - - -
X7R R7 25℃ -55~125℃ ±15% - - - - - -
Z7 25℃ -55~125℃ ±15% *3
X7S C7 25℃ -55~125℃ ±22% - - - - - -
X7T D7 25℃ -55~125℃ +22, -33% - - - - - -
X7U E7 25℃ -55~125℃ +22, -56% - - - - - -
X8R R9 25℃ -55~150℃ ±15% - - - - - -
弊社温度
特性記号
X8L L8 25℃ -55~150℃ +15, -40% - - - - - -
X8M M8 25℃ -55~150℃ +15, -50% - - - - - -
X9M M9 25℃ -55~200℃ +15, -50% - - - - - -
XAL L1 25℃ -55~175℃ +15、-40% - - - - - -
XAN N1 25℃ -55~175℃ +15、-60% - - - - - -

環境

RoHS対応 RoHS指令適合製品
RoHS指令に基づく適用除外に該当する部位を除く全くの均質部位において、RoHS指令で定める制限物質を、最大許容重量濃度を越えて含有していない製品を指します。
制限物質 最大許容重量濃度
0.1%
水銀 0.1%
カドミウム 0.01%
六価クロム 0.1%
ポリ臭素化ビフェニル (PBB) 0.1%
ポリ臭素化ジフェニルエーテル (PBDE) 0.1%
REACH対応

REACH 規則適合製品:
REGULATION (EC) No 1907/2006 (REACH規則) の規制に適合する製品を指します。

REACH規則に基づく成形品含有物質規制:
REACH規則は第67条1項に基づいて物質の禁止や製品用途の制限を課します。
製品が高懸念物質 (SVHC) を含有している場合、欧州内の供給者にはその製品を安全に使用するための情報を事前提供する義務が生じます (REACH第33条)。物質の禁止では無く、製品の使用上の制限はありません。詳細は「SVHCを含有する製品を安全に使用するための情報」をご確認ください。

注意

ディレーティング1 ディレーティング1
電圧・温度軽減品*1は、使用回路上で継続的にコンデンサに印加される電圧が、コンデンサの定格電圧よりも軽減(ディレーティング)して使用される場合に適しています。
グラフの電圧、温度軽減(ディレーティング)条件内に抑えてご使用いただくことで、通常品*2と同等の信頼性保証レベルを確保することができます。

*1 電圧・温度軽減品:耐久性/高温負荷試験において、試験電圧が定格電圧×150%未満の製品
*2 通常品:耐久性/高温負荷試験において、試験電圧が定格電圧×150%以上の製品


使用電圧、温度の軽減 (ディレーティング)推奨条件

ディレーティング2 ディレーティング2
製品温度が105℃を超える場合は、下図の電圧・温度ディレーティング条件内でご使用ください。

電圧・温度ディレーティング条件

ディレーティング3 ディレーティング3
使用温度に応じて使用電流のディレーティングを行ってください。
詳しくは詳細スペックシートをご確認ください。
ディレーティング4 ディレーティング4
製品温度が125℃を超える場合は、下図の電圧・温度ディレーティング条件内でご使用ください。

電圧・温度ディレーティング条件

ディレーティング5 ディレーティング5
150℃を超える使用温度では定格電圧のディレーティングを行って下さい。
詳しくは詳細スペックシートをご確認ください。
モバイル機器専用

モバイル機器専用品
これらの製品は、モバイル機器、すなわち、一般的に使用期間が5年以下と想定される機器向けに設計されています。
(例: 携帯電話、スマートフォン、タブレットPC、ゲーム、カメラ、電子辞書、腕時計、小型サーバー、IPC-9592B class 1 機器など)

セットにおける製品の使用環境が「最高使用温度-20℃、定格電圧×80%」の場合に、製品の耐用寿命が5年以上となるように設計されています。実際の使用環境下での耐用寿命は、下図グラフにより推定できます。

  • ※耐用寿命は累積故障確率が1%となるときの時間としています。
  • ※耐用寿命は参考情報であり、設計および使用時の目安として利用してください。製品の寿命を保証するものではありません。
  • ※ご質問などがあれば、お気軽にお問い合わせください。

コンデンサ寿命は、電圧加速と温度加速係数から推定できます。
詳細は下記URLを参照願います。
セラミックコンデンサのFAQ コンデンサの寿命を推定する方法はありますか?

モバイル機器専用品の耐用寿命
モバイル機器専用品の耐用寿命